相談事例

遺言書

東松山の方より遺言書に関するご相談

2023年09月04日

Q:遺言書に記載のない財産が見つかり対応に困ってます。行政書士の先生教えて下さい。(東松山)

はじめて相談する東松山に住む60代です。先日、東松山郊外にある実家に住む父が亡くなり、葬儀などは済ませました。父の戸籍から相続人は母、私、弟の3人であると分かりました。現在は3人で手分けして相続手続きのため準備をしているところですが、遺品整理をしていたら父親の直筆らしき遺言書が見つかりました。知り合いのアドバイスから家庭裁判所で開封の手続きを行い、中身を確認してから遺言書に従って財産調査を進めていた途中、遺言書に書かれていない財産が見つかりました。それは、東松山市内にある空き地になっていた不動産ですが、小さな土地であったため遺言書に書き忘れたのではないかと思います。遺言書の内容通りに遺産分割を進める予定でしたが、東松山の不動産が加わったことで3人平等に分割できない恐れがあります。このような遺言書にない財産の扱いはどうしたら良いですか?(東松山)

A:遺言書に関連する記載がない場合は遺産分割協議を行います。

遺言書を作成される方の中には、相続財産が多すぎて全財産を把握できないという方も多くいらっしゃいます。このような方々は、遺言書に「記載のない財産について」など、遺言書に記載していない財産が見つかった場合の扱い方についてまとめて記載されています。
このことからご相談者様はまず、お父様の作成された遺言書の中に「記載のない財産の取り扱い方について」などといった内容の記載がないか確認してみてください。もしそのような記載が見つかりましたら、その指示に従い遺産分割するようにしてください。一方、同内容の記載が見られない場合には、記載のない財産のみについて相続人全員で遺産分割協議を行って、遺産の分割方法について話し合い、話し合いでまとまった内容を遺産分割協議書に書き起こします。不動産の登記変更の際にもこの遺産分割協議書が必要となるため大切に保管しておきましょう。
なお、遺産分割協議書の作成にあたっては、特に決まった形式や書式はありません。用紙についても規定はないので、手書きでもパソコンでもご自身のご都合にあった方法で作成することができます。作成後は相続人全員で内容を確認し、署名、実印で押印します。併せて印鑑登録証明書も準備します。

東松山および東松山近郊にお住まいで遺言書を作成したいとお考えの皆様、遺言書の作成は生前対策のひとつとして非常に有効ですが、遺言書の作成には様々なルールがあるため、法律上無効となる遺言書を作成しないよう、遺言書を作成する際には相続専門の専門家にご依頼ください。

東松山相続遺言相談センターは、相続手続きの専門家として、東松山エリアの皆様をはじめ、東松山周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。
東松山相続遺言相談センター
では、ご依頼いただいた皆様の相続手続きについて、東松山の地域事情に詳しい行政書士が親身になってサポートさせていただきます。まずは東松山相続遺言相談センターの初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。東松山相続遺言相談センターのスタッフ一同、東松山の皆様、ならびに東松山で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

東松山の方より遺言書に関するご相談

2023年06月02日

Q:遺品整理をしていたところ遺言書を見つけたのですが開封していいのでしょうか?行政書士の先生教えて下さい。(東松山)

遺言書について行政書士の先生にお伺いします。私は東松山で暮らす50代の会社員です。先日、父が東松山の病院で亡くなりました。葬儀を執り行い、家族で父の遺品整理をしていたところ、封筒に父の自筆がある遺言書を発見しました。封がされているため、どのように取り扱えばよいか分からないためご相談させていただきました。相続人は身内だけなので開封して中身を確認してしまってよいのでしょうか。(東松山)

A 自筆証書遺言は勝手に開封せず、まずは家庭裁判所で検認を行います。

ご相談者様が発見された遺言書は、お父様が自筆で作成された自筆証書遺言です。遺言書がある場合の相続では、基本的には遺言書の内容が優先されます。この自筆証書遺言は相続人が身内だけだからといって勝手に開封することはできません。開封する前に家庭裁判所にて検認の手続きを行う必要があります。

※ただし、20207月より自筆証書遺言書の保管を法務局で行う事が可能となり、法務局で保管していた自筆遺言証書に関しては家庭裁判所での検認手続きは不要です。

自筆証書遺言を勝手に開封してしまった場合、民法では5万円以下の過料に処すると定められています。検認では、家庭裁判所において遺言書の形状や訂正等、検認の日における内容を明確にし、遺言書の存在と内容を相続人が確認するため偽造・変造されることを防ぎます。申立人以外の相続人が揃っていない場合でも検認手続きは行われます。

自筆証書遺言がある場合には家庭裁判所で検認の手続きが済んだあと、検認済証明書が付いた遺言書の内容に沿って相続手続きを進めていきます。

検認を行わないと、基本的には遺言書内容に沿って相続手続きは行うことはできませんのでご注意ください。自筆証書遺言を発見した際は、その場で開封しないよう注意しましょう。

遺言書について、ご相談がある方はお気軽に東松山相続遺言相談センターにご相談ください。
東松山相続遺言相談センターではご相談者様のご意向に沿った遺言書作成のサポートも行っております。東松山相続遺言相談センターでは生前の相続対策や遺言書の作成など東松山にお住まいの方が気軽にご相談いただけるよう、初回は完全に無料でご相談をお伺いしております。東松山で遺言書に関するご相談なら東松山相続遺言相談センターにお任せください。相続手続きや遺言書作成の専門家が東松山の皆様のご相談に親身に対応させていただきます。

東松山の方より遺言書に関するご相談

2023年01月06日

Q:入院中の父が遺言書を作成したいと言っています。(東松山)

東松山に住んでいる50代主婦です。70代の父は現在、東松山市にある病院に入院しています。意識などはしっかりしているのですが、気の強い父のことなので多少無理をしているように思います。実際、父の病状は芳しくないようで、主治医からは覚悟をするように言われております。そこでご相談があるのですが、最近父が遺言書の話をしてくるようになりました。母と私が相続人になりますが、手続きなどが大変なので少しでも負担を軽くするように考えてくれているようです。しかし遺言書を書こうにも、父は入院しておりますので専門家に会うために外出することが出来ません。病床にいる父が遺言書を書くことは可能でしょうか?(東松山)

A:お父様の容体が安定しているようであれば、遺言書を作成することは可能です。

まず、ご相談者様のお話から、お父様は自筆証書による遺言書(自筆証書遺言)を作成することが可能かと思われます。たとえご相談者様のご父様が病床にあったとしても、意識がはっきりされていて、ご自身で遺言の内容と遺言書の作成日、署名等を自書し押印できるご状況でしたら、すぐにでもお作り頂けます。また、自筆証書遺言に添付する財産目録は、お父様が自書する必要はありません。ご相談者様またはご家族の方がパソコン等で表などを作成し、ご父様の預金通帳のコピーを添付することで可能となります。

また、現在のお父様のご容態では遺言書の全文を自書することが難しそうであれば、“公正証書遺言”という、病床まで公証人が出向き作成のお手伝いをする方法もあります。
公正証書遺言メリットとして、
⑴ 作成した原本が公証役場に保管され、遺言書紛失の可能性がない。
⑵ 自筆証書遺言の際に必要な家庭裁判所による遺言書の検認手続き(※)が不要。
以上が挙げられます。
※2020年7月10日に施行される「法務局における遺言書の保管等に関する法律」により、自筆証書遺言の保管を法務局に申請することが可能となり、保管された遺言書に関しては相続開始時に家庭裁判所による検認が不要となります。

ただし、公正証書遺言の作成には二人以上の証人と公証人が立ち会う必要があり、お父様の病床に来てもらうための日程調整に時間がかかる可能性があります。お父様にもしものことがあると遺言書自体作成ができなくなる可能性もありますので、作成を急ぐ場合には早急に専門家に相談し、証人の依頼をすることをお勧めします。

東松山にお住まいの皆様、遺産相続において遺言書の存在は大変重要になります。ご本人様のご遺志を尊重するためにも、ぜひ私ども東松山相続遺言相談センターの専門家にご相談ください。東松山相続遺言相談センターでは、東松山の皆様から遺言書のご相談を多く承っております。東松山の皆さまのお役に立てるよう、親身になって対応させていただきます。遺言書に関するお困り事をお持ちの方は、東松山相続遺言相談センターの初回無料相談をお気軽にご利用ください。

まずはお気軽にお電話ください

0120-151-895

営業時間 9時~19時(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

初回の無料相談実施中!

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ

「東松山相続遺言相談センター」は東松山市を中心に滑川町・嵐山町・小川町などの埼玉県央エリアで相続・遺言に関して安心のサポートを提供しております。お気軽にお問い合わせください。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • 手続き丸ごと代行パック

安心サポート宣言!

  • 初回は
    相談無料

    初回のご相談は完全無料にてご対応させていただいております。

  • つきのわ駅から
    徒歩7分

    つきのわ駅から徒歩7分と、大変アクセスしやすい事務所です。

  • 地域密着の
    専門家

    東松山市を中心に滑川町・嵐山町・小川町など埼玉県央エリアに特化した地域密着の専門家

分野別メニュー

サイトマップ

まずはお気軽にお電話ください

初回の無料相談実施中!

0120-151-895

受付時間 9時00分~19時00分(平日・土曜)※事前予約により、日曜日・祝日も相談対応

  • 事務所概要
  • アクセス
  • メールでのお問い合わせ